鉄道警察官・清村公三郎11  10月1日に放送決定!!

テレビ東京系列 10月1日 水曜 夜9時より放送されます。

千葉県は大多喜町を中心に、妖刀村正伝説を追い、いすみ鉄道の列車たちが登場し

ます。

今回も普段は昼行灯のような清村公三郎ですが、こと列車に関した犯罪には名推理を

展開!

ご期待下さい。



最初こそ主役の体調や悪天候に悩まされる……と思ったのですが、何と快調に撮影は

進んでいます。19日、20日の雪模様は吹っ飛び、快晴となり、監督の罵声も高らか

に……いやあ、撮影って楽しいですねェ。

千葉県大多喜町を中心に、いすみ鉄道の全面的な協力をいただき、今までにない「鉄

警」ができそうです。乞ご期待!




○映像なら何だって撮ります!

テレビ番組は元より、Vシネ、映画も手がけます。それが私たちの「稼業」なんです。

おまけに、演劇やイベントまで範疇は広いのです。

それと言うのも実は、企画部長の小池が、何でもやって来たからなんです。

でも小池は、普段はヘラヘラしていて、人の意見に頷いてばかりで、主体性がないように

見受けられますが、実際は倫理観や正義感が人一倍強くて、

「何でも撮る。やる」と言うわりには、かけ声ばかりで、

やせ我慢が多くて、社員はけっこう窮地に立たされてきました。

ですから、アダルト系や暴力系(ことに強姦)などの映像はやりません。

とは言っても勘違いしないで下さい。「アクションもの」は大好きなんですから。

だから困っちゃうんです。どこからどこまでがOKで、どこ以上がNGなのか、

良く分からないんです。

まあ、分からないのはこのギョーカイの常で、分からないなら分からないなりに

仕事をこなしていくってのも有りかな、などと最近は考えるようになってきていますが。

とにもかくにも、今までの実績をかいつまんで記します。全部は書きませんが、

参考にはなる思います。


テレビドラマ

○日本テレビ 火曜サスペンス劇場

懐かしい! 番組がなくなって何年が経った? 何だか10年以上も過ぎてる感じがする。

ここでいろいろと勉強させていただきました。最初に制作させてもらったのは、

「昨日を探す女」(土屋隆雄原作)で、そこから始まり、「追跡」はパート6までだったか。

日本テレビにとって看板番組だったはずなんだけど、やめちゃったんだよね。

以前からスポンサーが付きにくい番組とは言われていたけど、まさかの決断は、

他局にも波及し現在のドラマ衰退のきっかけ(?)になったのかも。


○TBSテレビ 花王愛の劇場

この番組もなくなっちゃった。けっこう名作があったけどね。

ここでは「ひよこたちの天使」と言う、産婦人科の診療所を舞台にした物語を

制作させてもらいました。

企画のきっかけがふるっている。小池の娘さんが誕生した時、毎日、産婦人科病院に通って、

「これはドラマなる!」と思いつき、企画書を書いたんだって。

TBSの担当プロデューサーに持って行ったら、その場で読み始めて、

一気に読み終わり、「これいけますよ!」となったんだって。

けど現場はホント、大変だったなア。昼帯(ひるおび)って初めてだったし、

聞きしにまさるってのはこのことかと思いましたよ。

30分モノを35本だよ? 2時間モノに換算したら、7本も立て続けに撮ったことになる。

準備パートは、ほぼ睡眠時間が1日、2~3時間だから。

もう二度とやりたくない! と思ったけど、今となってはいい思い出だし、

やり方次第では何とかなるかなと思い直してます。ハイ。


○テレビ朝日 土曜ワイド劇場 

孤軍奮闘の番組。火サスなきあと、ホント、2時間ドラマの老舗として頑張ってます。

名作「罠の女」は、プロットの直しからやらせてもらい、仕上げまで、

ベテラン監督(池広一夫氏)の仕事ぶりをじっくり拝見し、これも勉強になりました。

その時のコンテを割った自筆の台本はしっかり監督から貰い受け、キチンとラッピングし、

保存してあります。その後の「罠の二重誘拐」と言う作品でも同じ監督にお願いしたので、や

はり台本をいただき、ラッピングしてあります。フフッ、将来値が付く? 

などと、不届きなことを言ってはいけません。

「万葉の旅殺人事件」とか、「美人三姉妹の推理旅行①②」などで、

地方ロケに行き、楽しい仕事でした。


○テレビ東京 水曜ミステリー9

局内ではとても評価の高かった「危険な童話」は、

原作者である土屋隆夫氏、自ら電話をいただき、

「こんなに評判のいいのは初めてだ。知り合いやファンから電話がたくさん入っている」

と言っていただきました。

制作者冥利に尽きます。

「走る捜査線」は、次から「鉄道警察官・清村公三郎」となり、パート6までいき、

パート7から復活しました。

今現在(2013/7) パート10まで制作し、11本目を準備中です。